2018.05.08

配9128レ EF81 139[田]+宮オオ651系7B(OM207) 宇都宮~雀宮間
3/12にKY入場したK102が1000番台化改造を終え、郡山→田端(操)→大宮間で配給されました。牽引はEF81 139。
651系1000番台のKY出場2014/4/3のOM302以来4年ぶり。

お会いした皆様、お疲れ様でした。
2018.05.08 16:19 | 固定リンク | KY入出場
2018.05.05

臨5523レ 東武10050系2+4R(11255F+11451F) 東武金崎駅
ゴールデンウィークに伴う多客輸送のため、4/28~30・5/3~6に南栗橋~東武日光間で臨時急行列車が1往復運転されています。
往路は定期の区間急行南栗橋行(2615レ)を延長する形で設定されたため、復路も含めて10000系列6連での運転となり、2016/3のハイキング臨以来2年ぶりに新栃木以北で通勤車が営業運転を行いました。
今日は11451F+11255Fが充当。今季では初めて分割編成が東武日光へ入線しました。


今季の通勤車日光臨の特筆すべき点として、下り列車は先行する普通東武日光行(913レ)を東武金崎で追い抜く点が挙げられます。
10000系列を6050系が追い抜くシーンは6050系快速運用で見られましたが、逆に6050系を10000系列が追い抜くシーンは今までにないもの。


臨5524レ 東武10050系4+2R(11451F+11255F) 家中~東武金崎間
折り返し。幕がないため往復とも「臨時」での運転でした。


臨5251レ 東武634型2+2R(634-21F+634-11F) 栃木駅
GW中の東武日光線では臨時「けごん」が1往復(51・56号)運転されています。基本的には100系「スペーシア」での運転ですが、5/3・4の51号は500系「リバティ」、そして本日の51号は634型「スカイツリートレイン」での運転となりました。
634型が一般の特急列車に充当されるのは2017/4/21改正でスカイツリートレインの定期運用が廃止されて以降は初。また定期運用の下り列車は鬼怒川温泉行きと新栃木行きだったため、スカイツリートレインが「東武日光行き」として走るのは今日が初となります(ただし「東武日光発」は定期設定されていました)。
634型のLEDは1/125以下でないと止まらないため栃木駅で狙いましたが微ブレ…

続きを読む 続きを隠す

側面LED表示。


乗車して車内LCD表示も撮影。今回の「スカイツリートレイン51号」では定期時代と異なり新栃木駅を通過扱い(運転停車)とされましたが、「東武日光行き」には対応していても「新栃木通過」には対応しておらず、新鹿沼到着時点まで「まもなく新栃木」表示のままで走行していました。
2018.05.01

回2827M 宮ヤマ205系「いろは」4B(Y3) 雀宮~宇都宮間
宇都宮~鹿沼・日光間の通常運用に入る「いろは」の送り込み回送を、運用調査を兼ねて撮ってきました。
「いろは」は2016年までの「ACCUM」のように普段は宇都宮で夜間滞泊し、検査等がある場合のみ臨時回送で小金井へ入るのではなく、毎日小金井~宇都宮間で送り込み・返却回送が行われているようです。
2018.04.28

9525M 宮ヤマ205系「いろは」4B(Y3) 自治医大~石橋間
4/28~5/5の土・日・祝日に、大宮~日光間で「GOGOいろは日光号」が運転されています。
「いろは」の営業運転は宇都宮線内ではこれが初となり、また205系が初めて大宮~小金井間で営業を行いました。
2018.04.26

工9158レ EF81 133[田]+チキ6181+チキ6158 宝積寺~岡本間
宇都宮(タ)~黒田原~郡山間で定尺レール輸送が行われました。牽引は先月の黒田原工臨と同じEF81 133。
今回は晴れていたので岡本へ。予想より10分ほど早く裏被りギリギリで焦りましたが、久々に81牽引の工臨を晴れで撮れました。
2018.04.21

9283B 仙カタE3系7B(L65)+仙セシE2系10B(J69) 小山駅
栃木DC開催に合わせ、GW中を除く4・5月の土曜日に臨時「なすの283号」が東京~那須塩原間で運転されています。
東京~大宮間では臨時「やまびこ・つばさ175号」と同じ時刻で運転されるため、E3系L編成+E2系J編成での運転となり、通常は夜間にしか見られない小山・那須塩原駅下り副本線へのJ+L入線が日中に見られました。


小山駅コンコースの発車標。
定期「なすの」の4号車は全日全列車で自由席となるため、「自由席1~3,12~17号車」という表示は「なすの」では283号でしか見られません。
2018.04.19

1070レ EH500-901[仙貨]+タキ10B 岡本~宇都宮間
本日の1070レに、先日運用復帰したEH500-901が充当されました。
EH500が直流区間で石油タキを牽引する運用は2016/3まで存在せず、901号機は2016年初頭から長期休車となっていたため、901号機が直流区間で石油タキを牽くのは今回が初となります。
2018.04.17

4089レ EH500-901[仙貨]+コキ18B 自治医大~石橋間
2016年1月頃から運用を離脱していたEH500-901が4/14の1657レから運用に復帰し、仙台(タ)16日発4070レ~新鶴見17日発4089レで復帰後初の直流区間入線を果たしました。
EH500の中でも際立って特徴的な901号機が復帰し、宇都宮線の貨物を撮る楽しみが増えました。


4089レは宇都宮(タ)で1時間ほど停車し、その間に3085レが追い抜いていくダイヤとなっています。
EH500牽引の貨物列車が日中に宇都宮(タ)で別の貨物列車に抜かれる運用は901号機の長期休車後に初めて設定されたため、EH500-901がここで別のEH500に抜かれるシーンは今日初めて実現したことになります。


8179レ EF65 2066[新]+タキ10B 自治医大~石橋間
4089レの30分前を走る8179レに、今年2月に国鉄色へ戻されたEF65 2066が充当されました。
国鉄色に戻されてから撮っていなかった2066が良いタイミングで来てくれました。


94レ EH500-58[仙貨]+EH500-14[仙貨][無動] 宇都宮~雀宮間
今日の94レにEH500-14が無動力で連結されました。
EH500の無動力回送自体は比較的多いものの、宇都宮線内では夜間となることが多く撮る機会がなかったので撮れてよかったです。


配9145レ EF81 139[田]+八ミツ209系10B(C504) 宇都宮(タ)付近
4/13の01Bをもって運用を離脱し、豊田へ回送されたC504が豊田→田端(操)→郡山間で配給されました。田端(操)からの牽引はEF81 139。
他線区へ転用のため、改造されるものと思われます。


後追い。
2018.04.16

回9122レ EF81 81[田]+旧客5B[高タカ] 宇都宮~雀宮間
4/14・15の「レトロ花めぐり号」で使用された旧客5両が仙台~尾久間で回送されました。牽引は送り込みと同じくEF81 81。
薄晴れでしたが、旧客を牽いて宇都宮線を上るローピン81が撮れてよかったです。


配8144レ EF81 140[長岡]+キハE130-102[千マリ] 雀宮~石橋間
3/15に入場したキハE130-102が全般検査を終え、郡山~木更津間で配給されました。牽引は入場と同じくEF81 140。
久々の久留里線キハ出場を晴天で撮れました。

お会いした皆様、お疲れ様でした。
2018.04.12

回9141レ EF81 81[田]+旧客5B[高タカ] 宇都宮(タ)付近
4/14・15に仙台~郡山間で運転される「レトロ花めぐり号」に使用される旧型客車5両が高崎→尾久→仙台間で回送されました。
尾久→仙台間ではEF81 81が牽引し、宇都宮線130周年記念号以来2年9ヵ月ぶりにお召し仕様81と旧型客車の組み合わせが見られました。

お会いした皆様、お疲れ様でした。
Now Loading...

- CafeNote -