2019.10.05

10/5に「宇都宮トレインフェスタ」と題した宇都宮運転所一般公開イベントが行われました。
宇都宮運転所の公開は2015年9月以来4年ぶり。
運転所1~4番線にはEV-E301系V3編成、EF81 133、EF65 1103、205系Y5編成が展示され、V3にはローレル賞HMが、EF81には「ゆうづる」、EF65には「あけぼの」HMがそれぞれ掲出されました。
205系は12:30時点で「古河」幕でしたが、13:30には「試運転」となっており、私は未確認ですが「矢板」なども出された模様です。


昨年12月から疎開されているハエ61も、所内の立入可能エリアから遠いながらも撮ることができました。
ちょうどいい位置に健太餃子の看板があり、これはこれで宇都宮らしい一枚。


回9882M 宮ヤマ205系4B(Y5) 宇都宮~雀宮間
宇都宮トレインフェスタの展示車両は当日朝(EF81のみ前日夕方)に送り込まれ、夕方から夜にかけて返却されました。
205系の返却回送は日のある時間に来るということで西原で一枚。


臨5286レ 東武500系3R(506F) 西川田~安塚間
岩槻→春日部→館林→春日部→東武宇都宮→春日部→運河間で500系「リバティ」を使用した団臨が運転されました。「リバティ」の宇都宮線入線は4/21以来半年ぶり。
今回は午後に上るということで西川田へ。宇都宮線内の定期運用がない「リバティ」を宇都宮市内で撮れました。


東武宇都宮駅での21441F(448レ)と506Fの並び。

続きを読む 続きを隠す

ヘッドマーク付きの車両を真正面から撮る機会もあまりないので形式ごとに面縦。
EF65に掲出された「あけぼの」ヘッドマークは4年前にEF65 501に掲出されたものと同じ東北線経由時代のもの。


「ゆうづる」ヘッドマークが掲出されたEF81 133。
よくよく考えると矛盾点の多い組み合わせですが格好良い。


EV-E301系はローレル賞HMに「烏山」表示。車掌体験にも使用されていました。
珍しく前照灯が10素子フル点灯のハイビームとなっていました。


休憩所を兼ねて展示された205系とEF57 1の車輪モニュメント。
205系が宇都宮運転所内へ入線したのは今回が初めてと思われます。


前回の公開と同様、宇都宮駅留置26番線を用いてマルチプルタイタンパーやバラストレギュレータの展示も行われていました。
バラストレギュレータは前回のものと同型でしたが、マルチプルタイタンパーは前回展示されていた機体とは別の機種が展示されました。


毎度恒例のヘッドマーク展示は上野東京ライン開業記念のものとEV-E301系ブルネル賞受賞記念のものが2種類ずつの計4枚。
その他、レールスター乗車体験、新幹線ミニ列車、Nゲージレイアウトなど前回と同様の企画が行われていました。


今回は入口に手作りの看板が掲出されていました。

ご一緒した あおとく さん、おたぴ さん、お会いした ちゃんぽん烏龍茶 さん、おーじ さん他皆様、お疲れ様でした。
2019.10.05 19:26 | 固定リンク | 鉄道その他
Now Loading...

- CafeNote -