2019.09.28

43レ 東武6050系4R(6152F+6167F) 東武金崎~楡木間
秋の全国交通安全運動に合わせ、9/17からモハ6167・クハ6252にヘッドマークが掲出されています。
昨年は81118Fに掲出されていましたが、新栃木から8000系が撤退したため今春からは6050系に掲出されています。
今日は急行に入るようだったので日光線沿線へ。春は撮れなかったので今回撮れてよかったです。
2019.03.17

回638M 宮ヤマ205系4B(Y1) 宇都宮~雀宮間
3/16改正で日中の宇都宮→小金井間に205系の回送列車が1本新設されました。
従来小金井行きだった638Mの宇都宮以南を回送としたもので、日中に205系の上り定期回送が設定されるのは初となります。
2019.03.15

451M 高タカ211系4B(A2) 宇都宮(タ)付近
3/16改正において、夕方に1往復残存していた両毛線~宇都宮線の直通列車が廃止されることとなりました。
2014年3月に一度撤退し、2016年3月から復活した宇都宮線内での211系運用も、これに伴い消滅と思われます。
最後に宇都宮線で定期列車に充当されたのはA2でした。


466M 高タカ211系4B(A2) 雀宮~石橋間
折り返しの466M。211系が宇都宮線内で一般の営業列車として走るのはこれが最後と思われます。
前面はなぜか無表示でした。


638M 宮ヤマ205系4B(Y12) 自治医大~小金井間
3/16改正では黒磯発小金井行きだった638Mも宇都宮までに短縮されることとなりました。
小金井行きでの最終日となる今日はY12充当。


1634E 宮ヤマE233系5B(U234) 雀宮駅
平日1634Eは小金井から5両で黒磯まで向かっていましたが、この列車も3/16改正で小金井までに短縮されることとなりました。
最終日はU234充当。5連単独の「宇都宮線直通」はこれで見納め。

「黒磯」表示。UTLからの列車でしか見られない白字の「黒磯」表示を5連単独列車が出すのもこれが最後。
5連の小金井発黒磯行き(677M)も改正で宇都宮始発に短縮されるため、宇都宮以南で5連が下り営業列車に充当されるのも今日までとなります(朝上りの小金井まで5連となる列車は存続)。

雀宮駅改札の発車標。5連の黒磯行きと15連の宇都宮行きが並んで表示されるのも今日が最後。


回9125M 水カツE491系「East i-E」3B 自治医大~石橋間
E491系「East i-E」が勝田→郡山間で回送されました。
ATACS取り付けに伴うKY入場と思われます。

お会いした おーじ さん他皆様お疲れ様でした。
2019.03.13

3552M 宮ヤマE231系10B(U531) 片岡~蒲須坂間
3/16改正で宇都宮~黒磯間のダイヤが大幅に変更されるのに伴い、1586E-3552Mが宇都宮発着に短縮(3552Mは同時に普通へ格下げ)され、宇都宮以北への基本編成の入線が朝の2往復+上り2本と下り終電のみに縮小され、同時に黒磯始発の通勤快速(土休日は快速ラビット)が廃止されることになりました。
廃止される前に一度は宇都宮以北で通勤快速を撮っておきたかったので蒲須坂の定番へ。通過10分前に雲が抜け、通勤快速表示のE231系を順光で撮れました!
このアングルで基本編成を順光で撮ること自体が改正後は不可能になるので、今日晴れてくれてよかったです。
2019.01.30

458レ 東武20400型4R(21431F) 西川田~安塚間
東武20400型の7本目となる21431Fが1/29頃から運用入りしています。
21431Fは今までの6本と異なり種車が20050型(21857F)のため、両先頭車が元5ドア車なのが特徴。
ドアの外枠がそのまま残った特異な姿が印象的です。
2019.01.19

754M 水カツE531系5B(K462) 結城~小田林間
水戸線開業(1889/1/16)130周年を記念し、1/18からE531系1編成(K462)にヘッドマークが取り付けられて運転されています。
今日は下館駅で出発セレモニーを行ったため運用が確定しており、夕方に小山へ向かう列車へ入るためそれを狙って撮ってきました。

お会いした はれるん さん、うと さん、お疲れ様でした。
2018.11.03

8575E(所定1575E) 宮ヤマE233系10B(U618) 石橋駅
川崎駅ホーム改良工事のため、本日の上野東京ライン(東海道線~宇都宮・高崎線)列車は10:00頃からすべて東京~横浜間で区間運休となりました。
目撃情報を参考に、前面が行先・路線名の交互表示となるE233系充当の列車を狙って石橋へ。宇都宮・高崎線内からの東京行きは通常ダイヤに存在せず、輸送障害時にも上野折り返しが基本となるためそうそう見られない「東京行き」を地元で撮れてよかったです。
またこの列車に充当されたU618はU521同様に前照灯が小糸製LEDに換装された編成。LED前照灯の編成が宇都宮線内で「東京行き」を出すのも今回が初と思われます。


路線名は「上野東京ライン」単独。
E233系の場合、品川行きでも路線名は「上野東京ライン 東海道線直通」と表示されるため、通常この表示は東海道線からの上野行きでしか見られず、宇都宮線内でこの表示を撮れるのも貴重。
2018.10.13

6002レ C11 325[真岡]+50系3B+DE10 1535[真岡] 西田井~北真岡間
本日の「SLもおか」は全区間で最後尾にDE10 1535が連結されました。C11 325が不調な様子で、後補機として連結されたものと思われます。
真岡以北でDE10つきの編成が撮れるということで五行川へ。


後追い。

お会いした皆様、お疲れ様でした。
2018.10.09

436レ 東武20400型4R(21411F) 東武宇都宮~南宇都宮間
東武鉄道と栃木ブレックスの連携企画「ToBREX」(リンク先PDF)に合わせ、21411Fに栃木ブレックスの選手やキャラクターのラッピングが施され、本日の436レ(東武宇都宮11:22)から営業を開始しました。
前面扉上に栃木ブレックスのロゴが配されており、20050系の5DOORSマークを彷彿とさせます。


22411号車の側面。選手やキャラクターの装飾が戸袋部に配され、窓下には東武とブレックス両社のロゴが配されています。
2018.09.25

1434K 東マト209系10B(マト82) 金町駅
千代田線ホームドアなどの関係で10月に常磐線から撤退するマト82が、9/19より惜別HMが装着された状態で運用入りしています。
東京へ行く用事があったので帰りに金町へ寄り道。雨の中でしたがなんとか撮れました。


前後でHMが違うので後追いも撮影。左に写っているマト118は定期上野始発の送り込み(回1460H)。

お会いした皆様、お疲れ様でした。
2018.09.24

446レ 東武8000系4R(81118F) 安塚~おもちゃのまち間
9/21~30の「秋の交通安全運動」に伴い、東武鉄道各線では一部編成にヘッドマークを掲出して運転しています。
宇都宮線では81118FにHMが掲出されました。


81118Fと21411F(441レ)の並び。
20400型の改造ペースが速く、半年後には宇都宮線から8000系が撤退している可能性が高いため、HMつき8000系と20400型の並びは今秋が最初で最後になりそうです。
2018.09.08

3526E 宮ヤマE231系10B(U521) 宇都宮(タ)付近
8/19から、U521の前照灯がEV-E301系などと同じ小糸製多灯式LED前照灯に変更されて運用入りしています。
E233系0・1000番台では多くの編成がE235系同様の森尾製LED前照灯に交換されていますが、E231系近郊型では初の換装。
9/7にはE233系U618も前照灯がLED化(リンク先Twitter)されたことが確認されており、今後各編成に波及していくと思われます。


回2531M 宮ヤマE231系10B(U515) 宇都宮(タ)付近
比較用として先行で通過したU515の画像も上げておきます。
HIDと比べてLED前照灯は外径がやや大きく、ロービーム時には4灯が縦一列に点灯するためやや縦長に見えるのが特徴。どちらもロービームですが、一目でわかるほど明るさが違います。
2018.09.03

207レ 東武20400型4R(21411F) おもちゃのまち~安塚間
今年4月に津覇車両を出場し、6月から試運転を行っていた21411Fが、本日からついに営業入り。
初日から1日1本の南栗橋発東武宇都宮行きに充当され、この列車が宇都宮線内での営業初列車となりました。
東武宇都宮線にステンレス車が営業列車として入線するのは2007年に30000系が撤退して以来11年ぶり。また、東武宇都宮線に新形式が投入されるのは30000系暫定投入以来となり、21年ぶりと思われます。


422レ 東武20400型4R(21411F) 西川田~安塚間
207レとして東武宇都宮へ到着した21411Fは折り返し422レとなり、宇都宮線内の上り列車に初充当。
こちらは住宅群をバックにして駅構内のわずかな複線部分で撮れる宮環陸橋俯瞰から。田んぼの中の単線区間で撮った一枚目と合わせて、東武宇都宮線の性格とそこを走る20400型を表現できたのではないかと思います。
2018.05.01

回2827M 宮ヤマ205系「いろは」4B(Y3) 雀宮~宇都宮間
宇都宮~鹿沼・日光間の通常運用に入る「いろは」の送り込み回送を、運用調査を兼ねて撮ってきました。
「いろは」は2016年までの「ACCUM」のように普段は宇都宮で夜間滞泊し、検査等がある場合のみ臨時回送で小金井へ入るのではなく、毎日小金井~宇都宮間で送り込み・返却回送が行われているようです。
2018.03.29

466M 高タカ211系4B(A52) 雀宮~石橋間
4/1のあしかがフラワーパーク駅開業を記念し、昨日からA52編成にヘッドマークが取り付けられています。
今日は3451M~3466Mに充当され、早くも宇都宮線へ入線しました。


後追い。前後で異なるデザインとなっており、クモハ側は太陽、クハ側は月をあしらったものとなっています。
2018.01.24

634M 宮ヤマ205系8B(Y11+Y8) 宝積寺~岡本間
1/22-23に降った雪がまだ積もっているということで黒磯線へ。
原型顔先頭の8連を雪晴れで撮ることができました。


3085レ EH500-1[仙貨]+コキ20B 岡本~宝積寺間
今日の3085レはEH500-1牽引。トップナンバーを雪晴れで撮れました。
直流区間なのでパンタが両方とも上がっているのがミソ。
2018.01.02

625M 宮ヤマ205系8B(Y11+Y1) 宝積寺駅
黒磯駅電化設備改良工事に伴い、12/31~1/3にかけて早朝・深夜の一部列車が矢板・那須塩原折り返しとなっています。
また折り返し駅の変更に伴い、1/1~3の623Mと625Mは使用車両が入れ替えられ、通常E231・E233系10連で運転される625Mが205系8連での運転となりました。
幕車では白飛びするのでLED車先頭を狙って宝積寺へ。そうそう見られない8連の那須塩原行きを撮ることができました。


627M 宮ヤマE231系10B(U527) 宝積寺駅
続行の627MはU527。E231・E233系には「那須塩原」表示がないため「普通」表示での運転となりました。
通常、小山・国府津区E231系は前面に緑色の表示を出さないため、文字通り異色の表示が見られました。


宝積寺駅改札口LEDに表示される「那須塩原」。
那須塩原折り返しはトラブル発生時でさえそうそう見られないので、これが2段重なるのは極めて貴重。
2017.09.09

452M 高タカ107系4B(R7+R8) 小山~思川間
引退が間近に迫った高崎区107系が、さよなら記念ラッピングが施されて運用入りしています。
天気が良く、午後の列車に入るということで思川で。さよならラッピングを晴れで撮れてよかったです。

お会いした アサタン さん他皆様お疲れ様でした。
2017.04.22

451M 高タカ211系4B(A10) 宇都宮(タ)付近
高崎区211系4連のうち、4/4に運用入りしたA10編成はクハ210-3010の前面窓下が退色した状態で運用に入っており、異彩を放っています。
今日は451M-466Mで宇都宮へ来るということで宇タ脇へ。厳しい条件でしたが撮れてよかったです。

お会いした皆様、お疲れ様でした。
2017.03.29

466M 高タカ211系4B(A60) 宇都宮~雀宮間
高崎区211系4連のうち、3/4改正以降に運用入りしたA2・A60編成は前面貫通幌が撤去されずに運用されています。
今日はA60が宇都宮線直通運用へ入るということで西原へ。宇都宮線内で幌付きの211系が撮れてよかったです。
Now Loading...

- CafeNote -